TOP > 映画保存協会について > 設立趣旨書

設立趣旨書

設立趣旨書

2005年に復元(『モダン怪談100,000,000円』)映画が誕生して100年あまり、映画は時代を映す鏡として人類とその歴史をともに歩んできました。しかしながら、それは映画の保存という面では受難の歴史でした。新たな作品が次々と生み出される一方でその媒体である映画フィルムの保存は見過ごされ、その間にも天災や戦災、さらには人災によって多くの貴重なフィルムが失われてしまいました。とりわけわが国は世界有数の映画大国であるにもかかわらず、映画保存に関する社会の関心はきわめて薄く、保存活動もいまだ十分ではありません。商業映画ばかりでなく記録映画や個人のホームムービーにいたるまで、過去のあらゆる映像は歴史的資料としての価値を潜在的に有しています。これらを保存し、未来へと託してゆくためには、行政や映画会社の努力に加えて《映画フィルムは文化財である》という意識を社会全体で共有しなければなりません。

私たちはこのような現状を踏まえ、2001年に任意団体「映画保存研究会スティッキーフィルムズ」を設立し、2005年以降は同「映画保存協会」として、家庭に眠るフィルムの魅力を再発見し、保存を促進するイベント「ホームムービーの日」の実施や、失われた映画の発掘・復元、および映画保存に関する情報の収集・提供といった事業を行いその大切さを広く社会に訴えてきました。さらに今後はこれまでの事業に加えて映画フィルムの保存に関する調査や情報提供及び映画保存の専門家の育成や行政・企業による映画保存事業の支援を行い、あらゆる映画フィルムを人類共通の文化遺産として保存継承してゆく社会の実現に寄与することを目指します。映画フィルムの一コマは私たちの歴史と文化を写したかけがえのない一コマです。どんなに小さなフィルムでもそれを守ることは私たちの歴史と文化を守ることにつながります。

以上の活動を行うにあたって、活動の多くは長期的な継続によってはじめて成果を得られる性質のものであり、また市民の理解と協力を得るには社会的信用が欠かせず、また法人解散後の財産を公共のものとするためにも、任意団体や他の法人格ではなく、特定非営利活動法人の設立が妥当であると考えます。

特定非営利活動法人映画保存協会

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2017年12月
« 11月 4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

10/01
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議
05/04
ナイトレート・ピクチャー・ショー
04/11
オーファンフィルム・シンポジウム
04/07
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
11/29
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。