報道・掲載されました 2006(2件)

0602【朝日新聞・2006年10月20日・夕刊】

8ミリフィルム生産終了へ 映画監督ら「待った!」」という記事の中で、「ホームムービーの日」が取り上げられました。

0601【朝日新聞・2006年8月2日・夕刊】

12日名古屋で上映会

 8月の第2土曜日は世界的な「ホームムービーの日」。撮影したまま家庭に眠っている8ミリフィルムを持ち寄った自主上映会が、世界40以上の都市で一斉に開かれる。今年は12日がその日。名古屋会場の主催者が、上映するフィルムを募集している。

 フィルム保存修復専門家が集まる「映像アーキビスト協会」 (本部・米国)の有志による発案で03年に始まり、昨年は7カ国42都市に広がった。国内では名古屋、東京、京都など4ヵ所で開催。今年は青森、長野、大阪でも開かれる予定だ。

 映画保存協会の会員で名古屋会場を担当している田村郷枝さんはフィルムならではの魅力や保存の大切さを訴えようというのが本来の狙い。結婚式や運動会、旅の思い出、地域の出来事などホームムービーなら何でもOKです」と応募を呼びかけている。

 名古屋の会場は昨年と同じ東区撞木町の旧井元邸・撞木倶楽部。和室にスクリーンを設置し日没と同時に上映を始める。上映するのは8ミリか16ミリのフィルムのみ。ビデオやDVDは受け付けない。応募締め切りは5日。応募も当日の入湯も無料。問い合わせはHMD名古屋(052-740-0122)へ。

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

今後のイベント情報

11/11
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議
10/27
ユネスコ世界視聴覚遺産の日 2020
10/26
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議
10/17
第18回ホームムービーの日
10/14
ICOM-AVICOM 映像祭 F@IMP 2.0 サント=メール=エグリーズ2020
06/08
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
05/26
オーファンフィルム・シンポジウム

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを時々更新しています。
こちらをご覧ください。