報道・掲載されました 2010(16件)

1016【カレントアウェアネス・11月18日(木)】

「世界視聴覚遺産の日,各国でイベントが開催される」の中で、「地域で残そう映像史料 第1回 実務者からの提言」が紹介されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

1015【東京新聞したまち版・10月27日(水)世界視聴覚遺産の日】

「地域の映像 後世へ 保存に向け5人座談会 安田家“お宝”上映も」として、文京映像史料館の活動と、「地域で残そう映像史料 第1回 実務者からの提言」の座談会や参考上映の模様が紹介されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

1014【東京新聞・10月23日(土)】

「家庭に眠る映像 みんなで見よう 文京できょう催し」として、HMD谷根千会場が紹介されました。

[訂正]2010年のHMDは世界13カ国で開催されました。HMDは米映画監督M. スコセッシの呼び掛けで開催されているものではありません。HMD谷根千の世話人は映画保存協会会員の島啓一です。

1013【朝日新聞・10月19日(火)】

「目覚めた 70年前の映像 東区で上映」として、HMD名古屋会場で上映された記録映画(第2次世界大戦中に津島市の紡績会社が制作)が紹介されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

1012【InterFM・10月14日(金)】

ピーター・バラカン BARAKAN MORNINGのINFORMATION BOARDで、HMDの東京3会場(谷根千・小平・墨田)が紹介されました。

1011【朝日新聞・10月8日(金)】

「戦前のフィルム NPO復元 昭和の二枚目スタア・長谷川一夫主演 「助六」銀幕に再び 娘・稀世さんさんが資金「感動した」」として、映画の里親第五回作品『黒手組助六』[マーヴェルグラフ版]が紹介されました。

1010【上野経済新聞・10月4日(月)】

「文京区にゆかりのある映像資料を保存へ-NPO、区と共同で活動開始」として、文京映像史料館が紹介されました。

詳しくはこちらをご覧ください。

1009【朝日新聞・8月23日(月)夕刊】

オン&オフ 仕事中おじゃまします「映像でも「キキガキスト」作家・地域文化研究者 森まゆみさん」の中で、谷根千〈記憶の蔵〉が紹介されました。

1008【VARIETY・7月31日(土)】

“Selznick shchool leads preservation effort”として、セルズニック映画保存学校の卒業生の活躍を伝える記事が掲載されました。この記事が小会にも触れています。

詳しくはこちらをご覧ください。

1007【日経新聞・6月5日(土)】

「ホームムービー 歴史の予言者に 戦前の風景・消えた映画会社—資料価値高く 地域で活用の動きも」として、小会による文京区の委託事業(地域映像アーカイブ)が文化面に紹介されました。

1006【日本テレビ・5月2日(日)08:00〜】

「TheサンデーNEXT」の万博の特集で、2008年の《ホームムービーの日》名古屋会場で上映されたフィルムが使用されました。

1005【東京国立近代美術館フィルムセンター ニューズレター 第90号 4-5月号】

「特集2:発掘された映画たち2010」の中で、映画の里親を紹介する記事「復元の日々:《映画の里親》のあゆみ」が掲載されました。

1004【テレビ朝日・3月10日(水)21:54〜】

「報道ステーション」の大阪万博の特集で、2008年の《ホームムービーの日》名古屋会場で上映されたフィルムが使用されました。

1003【東京新聞・1月31日(日)朝刊】

「街の記憶 市民も協働 文京区事業に谷根千工房とNPO 映像アーカイブ設立へ」として、社会面で東京都文京区の《映像アーカイブ事業》が紹介されました。

1002【秋田魁新報・1月27日(水)朝刊】

社説で《映画の里親》が取り上げられました。

(抜粋) 戦前の日本映画の多くは所在が不明だという。こうしたフィルムを見つけだし、資金提供者の協力で復元する映画の里親プロジェクトも軌道に乗りつつある。NPO法人・映画保存協会が5年前から取り組んでおり、復元された中には旧矢島町出身の喜劇の王様・斎藤寅次郎監督の作品が含まれている。

1001【テレビ東京・1月3日(日)21:00〜】

「1億2千万人の投稿ホームビデオ あれから○○(ウンじゅうねん)年 こんなんなっちゃいました」で《ホームムービーの日》「今年の1本」が取り上げられました。

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2017年9月
« 8月 10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

04/11
オーファンフィルム・シンポジウム
04/07
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
10/21
第15回ホームムービーの日
09/23
Restoration Asia IV(第4回レストレーション・アジア)
09/17
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。