2023.11.30.(木)

東京現像所 全事業終了

東京現像所の事業終了が発表されました。

当社は、1955年の創業以来、67年間に渡り、
映像の総合ポストプロダクションとして多くの映画・映像作品を世に送り出すお手伝いをして参りました。

しかし、今般、映画上映素材(DCP)の配信化に向けた動きが加速するなど、
当社の事業環境は極めて大きく変化しており、現在の事業をそのまま継続することは困難と判断をし、
2023年11月末(予定)を以て、東京現像所としての全事業を終了することと致しました。

これまでの長きに渡るご愛顧に心より感謝を申し上げるとともに、事業終了に伴い、ご迷惑、
ご心配をお掛け致しますこと、深くお詫び申し上げます。

下記スケジュールにて業務を終了させて頂きます。
事情をご賢察の上、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2023年10月31日 当社 納品最終期限
2023年11月30日(予定)当社全事業終了

2023年9月以降の各種業務のご依頼に関しましては、
大変お手数ではございますが、営業担当迄お問い合わせをお願い致します。

★尚、DI事業、映像編集事業、アーカイブ事業の3事業に関しましては、
当社としての事業終了の後、改めて東宝グループの中に承継されることが決まりました。

DI事業、映像編集事業はTOHOスタジオ(株)に、
アーカイブ事業は東宝がスタジオ内で設立予定のアーカイブ新会社に引き継がれる予定です。
具体的な事業開始時期等に関しては、改めてご案内を差し上げます。

>> 東京現像所 全事業終了のお知らせ(11/25)

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

今後のイベント情報

04/10
オーファンフィルム・シンポジウム
11/30
東京現像所 全事業終了
04/16
国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)会議
01/07
神戸クラシックコメディ映画祭2023
12/17
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする不定期発行メールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを時々更新しています。
こちらをご覧ください。