第4回映画の復元と保存に関するワークショップ

TOP > プロジェクト > 第4回映画の復元と保存に関するワークショップ

第4回映画の復元と保存に関するワークショップ

映画の復元と保存に関するワークショップ

企画:大阪芸術大学「玩具映画および映画復元・調査・研究プロジェクト(TOY FILM PROJECT)」
主催:「映画の復元と保存に関するワークショップ」運営委員会 / 京都府京都文化博物館、プラネット映画資料図書館、神戸映画資料館、大阪芸術大学、NPO法人映画保存協会、(株)IMAGICAウェスト 協力:東京国立近代美術館フィルムセンター、(社)日本映画テレビ技術協会京都支部、NPO法人京都映画倶楽部、角川映画株式会社、富士フイルム株式会社、報映産業株式会社、コダック株式会社 

映画保存協会からは、映画の里親プロジェクトにて復元した、『黒手組助六』(2009年復元)と『海浜の女王』(2006年復元)を上映します。

日程、申し込み方法等は以下の通りです。

全日程:2009年8月29日(土)〜8月31日(月)

8月29日(土) 11:00〜 基礎編

場所:京都府京都文化博物館
内容:

  • フィルムの基礎知識
  • 日本における映画保存
  • 上映・解説 ― 玩具映画に見る剣豪特集:中山安兵衛VS荒木又右衛門
  • 手回し映写機の実演と活弁
  • 京都文化博物館の見学(フィルム・資料保存庫ほか) 
  • 上映・解説 - 『茶釜音頭』と日本アニメーション特集

8月30日(日) 11:00〜 応用編

場所:京都府京都文化博物館
内容:

  • 撮影監督からの提言
  • 地域における映画復元の実例とその問題
  • 上映・解説 - 『黒手組助六』と『海浜の女王』
  • 感材メーカーから見たデジタル時代のアーカイヴ
  • 角川映画の映画保存の取り組み
  • 文化庁における近年の「映画・映像分野の振興」について
  • 上映・解説 - 『祇園小唄 絵日傘 舞ひの袖』
  • ディスカッション
  • 懇親会

8月31日(月) 10:00〜 実習編

場所:IMAGICAウェスト

ワークショップ初参加者を対象とする基礎コースと、既参加者を対象とする応用コースに分かれての実習となります。

[受講料]

全日程 一般 10,000円 学生 5,000円 
1日目のみ 一般 3,000円 学生 1,500円 
2日目まで 一般 5,000円 学生 2,500円 
ワークショップ当日にお支払いください

※各定員は京都文化博物館が60名、 IMAGICAウェストが24名です。
※ 内容や講師に変更がある場合がございます。ご了承ください。

[申し込み締め切り]

2009年8月10日

※申込多数の場合は選考とさせていただきます。受講証の発送をもって合否発表といたしますのでご了承ください(受講証は8月20日までに発送)。

[申し込みおよび応募用紙の送付先]

申込用紙をプリントアウトし、必要事項を記入して郵送かFAXでお申込ください。※映画保存協会では受付けておりません。

申込先:
〒530-0035 大阪市北区同心1-8-14(株)IMAGICA ウェスト「映画復元ワークショップ」係
TEL:06-6353-2195 FAX:06-6353-1764

チラシ・詳細

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2017年9月
« 8月 10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

04/11
オーファンフィルム・シンポジウム
04/07
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
10/21
第15回ホームムービーの日
09/23
Restoration Asia IV(第4回レストレーション・アジア)
09/17
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。