第5回映画の復元と保存に関するワークショップ

TOP > プロジェクト > 第5回映画の復元と保存に関するワークショップ

第5回映画の復元と保存に関するワークショップ

企画:大阪芸術大学「玩具映画および映画復元・調査・研究プロジェクト(TOY FILM PROJECT)」
主催:「映画の復元と保存に関するワークショップ」運営委員会/京都府京都文化博物館、プラネット映画資料図書館、神戸映画資料館、大阪芸術大学、NPO法人映画保存協会、(株)IMAGICAウェスト 
協力:東京国立近代美術館フィルムセンター、広島市映像文化ライブラリー、(社)日本映画テレビ技術協会京都支部、NPO法人京都映画倶楽部、角川映画株式会社、富士フイルム株式会社、報映産業株式会社、コダック株式会社

映画保存協会は、29日の「戦前小型映画の調査研究ー『片岡コレクション』を中心に」と座談会「海外最新事情―関連諸団体の動向について」に参加します。

日程:2010年8月28日(土)〜8月30日(月)

8月28日(土)10:00〜 講義(基礎編)

会場:京都府京都文化博物館

  • ワークショップの仕事
  • アーカイブの仕事
  • 座談会「フィルムを残す・フィルムで残す」
  • 映画監督から映画保存への提言

8月29日(日)10:00〜 講義(応用編)

会場:京都府京都文化博物館

  • 戦前小型映画の調査研究ー『片岡コレクション』を中心に
  • 座談会「海外最新事情ー関連諸団体の動向について」
  • 映画フィルムの重要文化財指定に付いて
  • 重要文化財『紅葉狩』のデジタル復元について
  • 広島市映像文化ライブラリーについて

8月30日(月)9:30〜 実習

会場:株式会社IMAGICAウェスト

  • 基礎コース 見学と実習「フィルムの検査と取り扱い」
  • 応用コース 講義と実習「9.5㎜フィルム『ターチャンの海底旅行』の復元」

受講料

全日程 一般 8,000円 学生 5,000円
2日間 一般 5,000円 学生 3,000円
1日間 一般 3,000円 学生 2,000円

* 8月30日(月)のみの参加は受け付けておりません。
* 料金はワークショップ当日にお支払いください。
* 各定員は京都文化博物館が60名、IMAGICAウェストが基礎・応用計25名です。

お申し込み方法

こちらの申込用紙をプリントアウトし、必要事項を記入して郵送かFAXでお申し込みください。
申込締切は8月9日(月)です。申込多数の場合は先着順となります。受講証の発送をもって合否発表となりますのでご了承ください。*映画保存協会では受け付けておりません。

お申し込み先
株式会社IMAGICAウェスト「映画復元ワークショップ」係
530-0035 大阪府大阪市北区同心1-8-14
TEL:06-6353-2195
FAX:06-6353-1794

チラシダウンロード(2818KB)
申込用紙ダウンロード(145KB)

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2017年11月
« 10月 4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

05/04
ナイトレート・ピクチャー・ショー
04/11
オーファンフィルム・シンポジウム
04/07
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
11/29
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議
11/13
日本映画テレビ技術協会創立70周年記念 アーカイブシンポジウム

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。