TOP > 映画保存とは > 映画フィルムの長期保存容器について

映画フィルムの長期保存容器について

錆びてしまったフィルム缶の入れ替えについて時折お問い合わせをいただくことがあるのですが、小会の「映画保存リンク集」では以下をご紹介しています。

映画保存リンク集 > E. 関連企業 > 6. サプライヤー

6.1 ■ 株式会社足柄製作所

6.3 ■ その他
STIL Casing Solution
DANCAN CINEMA SERVICES
TUSCAN CORPORATION

フランス国立映画センター(CNC)、英国映画協会(BFI)国立アーカイブ、米国議会図書館(LofC)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)映画部門はじめ世界の名だたるフィルムアーカイブ機関や映画会社が採用している STIL Casing Solution(本社カナダ、ケベック)の製品は、長らくとても人気があります。ほとんど劣化しないと言われるポリプロピレン製で、密閉度の低い(フィルムが呼吸できるような)設計、単価は35mm用1,000ft.で5ドル程度です。

韓国映像資料院が採用しているポリプロピレンの容器。

韓国映像資料院が採用しているポリプロピレンの容器(2020年2月撮影)。

そのほか、同じくポリプロピレン製で少し薄いDANKANやTUSCANの製品も広く採用されています(薄さのせいか蓋の部分がやや反ることがあるようです)。後者(TUSCAN)には持ち運び時の摩擦等で底の一部の破片がフィルムに付着するという欠点があり、それを防ぐためシリコン製のシートを敷くこともあるようです。以前はSTILにも同様の欠点がありましたが、現在では改良されています。

TUSCANの事例

TUSCANの事例(破片の付着)

TOSCANの事例

TUSCANの事例(破片の付着)

TUSCANのシート。

TUSCANの事例(シート)。

今回久々に調査をして、DANKANについては「東京光音」さんが国内で販売されていることが判明しました。

一方、日本の多くの公共フィルムアーカイブではメタル缶が使用されているようです。長期保存用としては「足柄製作所」さんが様々なサイズを販売されています。また、保存を重視する意味で中性紙のケースが使用されることもあります(輸送や持ち運びには不向きかもしれません)。

>> 映画フィルム保存箱 ベントボックス(資料保存器材)

なお、視聴覚ライブラリー等のリール巻きの16mmフィルムに広く採用されている取手付きの正方形の縦置きケースは必ずしも長期保存向きではありません。

*STIL Casing SolutionおよびDANKANのフィルム容器、国産のアルミ缶(以上、35mm)、中性紙ケース(8mm)については「映画保存資料室」にサンプルがあります。そのほか映画フィルムの長期保存用の缶/容器についてご存知でしたら、ぜひ情報をお寄せください。お待ちしています。

作成日:2020年12月12日、最終更新日:2021年1月12日

>> 16mmフィルムのビネガーシンドローム対策
>> 映画保存リンク集

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

今後のイベント情報

10/16
第19回ホームムービーの日
04/19
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
04/13
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議
04/01
国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)会議
01/23
映画の復元と保存に関するオンラインワークショップ

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを時々更新しています。
こちらをご覧ください。