TOP > プロジェクト > [2008年版]映画保存を学ぶための必読書10冊|

[2008年版]映画保存を学ぶための必読書10冊|

TOP > 映画保存とは > 映画保存資料室 / Library > [2008年版]映画保存を学ぶための必読書10冊

[2008年版]映画保存を学ぶための必読書10冊

映画保存資料室よりFPS会員が選びました!

2008年版 映画保存を学ぶための必読書10冊

11. 映画の考古学
(C.W.ツェーラム著 月尾嘉雄訳 フィルムアート社 1977)#010039

12. 日本映画発達史
(田中純一郎著)#010016#010017#010018

13. チャップリン自伝
(チャールズ・チャップリン著 中野好夫訳 新潮社 1966)#010088

14. シュートメン
(Haosang Songwei編 Louvy Corporation 2005)#010184

15. フィルムは生きている
(手塚治虫著 講談社 1977)#010044

16. Lost Films of Asia
(Nick Deocampo編 SEAPAVAA 2006)#010435

17. フィルム デジタル フィルム
(マイケル・フレンド著 山形国際ドキュメンタリー映画祭 1995 電影七変化付録)#080038

18. The Advanced Projection Manual
(Norwegian Film Institute/FIAF 2005)#010637

19. 記憶のゆくたて デジタル・アーカイヴの文化経済
(武邑光裕著 東京大学出版会 2003)#010438

20. This Film is Dangerous
(Roger Smither著 FIAF 2002)#010035

すべてFPS資料室に所蔵がありますので、これから映画保存のイロハを学ぼうという方は、ぜひご参考になさってください。所蔵データベースはこちらです。

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2017年3月
« 2月 4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

05/27
神戸映画資料館開館10周年記念 映画の発掘とフィルムアーカイブの未来
05/08
プレミアムステージ「フィルムに残る文京の記憶 2 ぶんきょうの追憶」
04/15
なつかしのフィルム映画 上映会(第2回)
04/03
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
03/18
ホームムービーの日 弘前会場 開催!

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。