TOP > プロジェクト > 映画保存資料室 / Library

映画保存資料室 / Library

TOP > 映画保存とは > 映画保存資料室 / Library

映画保存資料室 / Library

ご利用について

会員が映画保存/フィルムアーカイブを学ぶにあたって、あるいは小会のボランティア活動を継続する中で入手したり、支援者の方からご寄贈いただいた資料を共有しています。一般の方に貸出可能な資料や、コピー可能な資料もございます。詳しくは、こちらのお問合せフォームをご使用ください。

*貸出しに際して発生する送料等は実費ご負担いただきます。

【コピー/印刷代金】
白黒 カラー
A4 10円 30円
A3 10円 50円

資料のご寄贈について

映画保存/フィルムアーカイブ関連の文献のご寄贈につきましては、事前にご相談ください。こちらのお問合せフォームをご使用ください。

*お受けできない場合もございますが何卒ご了承ください。

ジャーナル紹介

視聴覚アーカイブ機関連絡協議会(CCAAA)傘下の8機関の内、FIAT/IFTAとSEAPAVAAを除く6機関が何らかのジャーナルを発行していると思われます。ここでは映画保存資料室に所蔵のある3機関(AMIA、IASA、FIAF)のジャーナルの目次を紹介します。

  • 映画保存を学ぶための必読書10冊

    〈 映画保存資料室よりFPS会員が選びました! 〉

    2007年より、会員が意見を出し合って毎年10冊ずつを選んできました。すべての資料は映画保存資料室に所蔵しております。ぜひご参考になさってください。

    ブックレビュ.ー


    過去(2005〜2006年頃)にメルマガFPSの「映画保存資料室だより」に
    掲載した書評をご紹介します。

    川喜多長政関連資料について

    小会のボランティア活動を継続する中で入手した川喜多長政(生1903.04.30-1981.05.24没)関連資料「NK Collection」の目録(PDF 19 p.)を公開しております。「NK Collection」には川喜多の父・大治郎(1908.08.04没)及び妻・かしこ(生1908-1933没)の資料も含まれます。現物の資料閲覧をご希望の方は事前にお問い合わせください(中性紙箱1箱を使用して保管)。また、「NK Collection」の一部は古書ほうろう様よりご寄贈いただいたものです。記してここに感謝いたします。

    資料にある外国映画配給会社「東和」の社名の変遷は次の通りです。
    1928.10 東和商事合資会社設立
    1951.03 東和映画株式会社と改称
    1959.04 東和株式会社と改称
    1975.00 東宝東和株式会社と改称

    >> NK Collection 2011

  • Language: English

    小中大

    twitter

    facebook

    flickr

    今後のイベント情報

    09/30
    国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議
    06/25
    東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
    06/24
    SARBICA国際シンポジウム2019
    06/07
    オーファンフィルム・シンポジウム
    04/07
    国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)会議
    11/28
    動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議
    11/17
    一宮庵で『モダン怪談100,000,000円』上映!

    映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
    お届けする月刊のメールマガジンです。

    メールアドレス 登録はこちらから

    「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
    こちらをご覧ください。