2016.04.19.(火)

プロジェクトに「光影流年―アジアの映画保存」を追加

「光影流年―アジアの映画保存/ Film Archiving in ASIA」では、アジアの映画保存事情をお伝えしていく予定です。まずは月刊メールマガジン『メルマガFPS』に連載中の「光影流年―中国映画保存報告」より、第1回から第3回までを公表しました。
商業的な復元とその話題性への期待、FIAFの原則に基づく非営利の復元、フィルムアーカイブや現像所の国際的な連携、ノンフィルム資料の果たす役割、そして映画祭というお披露目の場の重要性……2013年から2014年にかけて中国の雑誌に掲載された以下3件の記事は、中国映画の復元を扱っているようでいて、実は国際的な広がりを持つフィルムアーカイブ活動のダイナミズムを伝えてくれます。

第1回 映画復元師:オールドフィルムを新ビジネスに
第2回 ハードディスクの中の映画は100年保たず:古い映画の修復物語
第3回 4K版『舞台姐妹』:国産映画復元のマイルストーン

なお、秋以降に第4回から第6回までを追加の予定です。

>> 光影流年―アジアの映画保存

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

今後のイベント情報

11/11
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議
10/27
ユネスコ世界視聴覚遺産の日 2020
10/26
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議
10/17
第18回ホームムービーの日
10/14
ICOM-AVICOM 映像祭 F@IMP 2.0 サント=メール=エグリーズ2020
06/30
全国映画資料アーカイブサミット2020
06/08
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを時々更新しています。
こちらをご覧ください。