2018.10.26.(金)

インタビュー記事「サンチャイさんに聞く タイの映画保存とアート・シネマの現在」を掲載

映画研究者の中村紀彦さん(神戸大学大学院)は、2017年11月3日から一ヶ月ほどタイ・バンコク郊外のサラヤにあるフィルムアーカイブに通い、タイ映画およびアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の調査研究をされました。その際、あらゆる申請許可や調査の補助をおこなってくれたのが、副館長のサンチャイ・チョーティロットセラニー(Sanchai Chotirosseranee)さんだったそうです。本稿は、中村さんによるサンチャイさんのインタビューです。

実に10年ぶりのインタビュー記事の掲載になりますので、ぜひご一読ください。英語版もございます。

>> サンチャイさんに聞く タイの映画保存とアート・シネマの現在
>> インタビュー

*なお、タイの映画保存に関しては以下の古い記事もぜひご覧ください。

>> ある国の情熱と夢:タイ・フィルムアーカイブの30年(2015年)
>> 第14回SEAPAVAAバンコク会議報告(2010年)
>> SEAPAVAAバンコク会議 体験記(2010年)
>> ボランティア・プロジェクト:タイ国立フィルムアーカイブにて(2005年)

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

今後のイベント情報

10/27
ユネスコ世界視聴覚遺産の日2022
10/15
神戸発掘映画祭2022
10/15
第20回ホームムービーの日
10/08
群馬で『モダン怪談100,000,000円』上映!
10/01
ポルデノーネ無声映画祭 2022

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする不定期発行メールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを時々更新しています。
こちらをご覧ください。