TOP > 映画保存協会について > 助成

助成

映画保存協会(FPS)について / About

3. 助成 / Grant

○ アーカイブズ・カレッジ

2010年度より、国文学研究資料館のアーカイブズ・カレッジ(短期コース)を受講する会員の旅費の一部(上限5万円)を補助しています。
参加レポート

2016年度

対象者:未定
開催地:高知 11月14日(月)~19日(土)
修了論文:未定

2015年度

対象者:なし
開催地:三重 11月
修了論文:なし

2014年度

対象者:なし
開催地:福岡 11月
修了論文:なし

2013年度

対象者:竹森 朝子
開催地:遠野 11月
修了論文:未提出

2012年度

対象者:大橋 聡子
開催地:福井 11月
修了論文:国内のアーカイブズにおける視聴覚メディアをめぐる状況について ーホームムービーを例にー

2011年度

対象者:竹森 朝子
開催地:小樽 11月
修了論文:『ホームムービーの日』実施時における上映フィルムに関連した記録について~現状と課題~

2010年度

対象者:中川 望
開催地:名古屋 11月
修了論文:寄贈機材の目録作り

○ 海外渡航費助成

海外渡航費助成2016 *しばらくお待ちください。
海外渡航費助成2015
海外渡航費助成2014
海外渡航費助成2012
海外渡航費助成2011

○ ホームムービーの日 世話人支援

FPSは、映像アーキビスト協会(AMIA)及び米国ホームムービー・センター(CHM)の活動に共鳴して、初年度(2003年)より国際的な映画保存の記念日「ホームムービーの日(HMD)」の国内での普及に努めています。その一環として、参加する国内各地の会場の担当者(世話人)が集まる世話人会議を、開催前と後の年2回開催し、ネットワークづくりを進めました。初めてHMDに参加する会場には、技術協力や情報提供など、要望に合わせてできる限りの支援をおこないましたが、その1つがこの補助金(開催費用の一部/5,000円〜15,000円)の交付です(2007-2012)。交付の条件として、HMDロゴの使用、世話人アンケートの提出、「今年の一本」上映会へのフィルム提供などを期日までにお願いし、HMDのさらなる広報活動に役立てています。交付額は以下の通りです。

初年度開催の会場:5,000円/遠方からの世話人会議参加1回につき:5,000円(片道の交通費が5,000円を超える場合に限る)

2012年 10,000円(相模原会場)
2011年 25,000円(弘前・品川・小平・犬山の各会場)
2010年 15,000円(弘前・深谷の各会場)
2009年 25,000円(千住・谷根千・小平・弘前の各会場)
2008年 30,000円(名古屋・弘前・北千住の各会場)
2007年 80,000円(大阪平野・神戸・小平・名古屋・弘前・谷根千の各会場)

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2017年2月
« 12月 3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

04/03
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議
03/18
ホームムービーの日 弘前会場 開催!
03/02
オーファンフィルム・シンポジウム
02/20
被災ビデオテープの洗浄作業
02/03
東京渋谷UPLINKで『海浜の女王』上映!

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。