TOP > 映画保存とは > 視聴覚アーカイブ活動 ――その哲学と原則

視聴覚アーカイブ活動 ――その哲学と原則

TOP > 映画保存とは > 翻訳 > 視聴覚アーカイブ活動――その哲学と原則

視聴覚アーカイブ活動――その哲学と原則

ava_book_0302_cover 2

1990年代より世界各国で読み継がれてきた基本文献 Audiovisual Archiving: Philosophy and Principlesの最新版(第3版)の翻訳が完了いたしました。全文をPDFで無料公開しておりますので、ぜひご一読の上、ご意見・ご感想等お寄せください。

冊子版(A4 カラー 全76頁)をご要望の方には、実費負担(送料込 1部2,500円)にてお送りいたします。映画保存協会(info@filmpres.org)までお問い合わせください。

レイ・エドモンドソン著
視聴覚アーカイブ活動――その哲学と原則 第3版(ユネスコ 2016年)
⇒ PDFをダウンロード(12.8MB)

英語版はこちらからダウンロード可能です。⇒ PDFをウンロード

2006年に出版された第2版(2004年)の日本語版は、(財)放送番組センターが総務省の委託を受けて「文化資産としての放送番組アーカイブの利活用促進に関する調査」の一環として翻訳し、NPO法人映画保存協会が監訳をおこなったものです。⇒ PDFをダウンロード(129ページ/1.4MB)

その後、映画保存協会では、2009-2010年に勉強会形式で本テキストの改訂を行い、2013年のユネスコ〈世界視聴覚遺産の日〉を記念してPDFを公開しました。⇒ PDFをダウンロード(76ページ/934KB)

日本語版の作成については、著者であるレイ・エドモンドソン氏(ARCHIVE ASSOCIATES Pty Ltd 代表)およびユネスコに許可をいただきました。とりわけエドモンドソン氏には、様々な助言をいただきました。記してここに感謝いたします。

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

2018年8月
« 5月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

開室日 イベント開催日

開室日はお問合せください

今後のイベント情報

06/24
SARBICA国際シンポジウム2019
10/27
ユネスコ世界視聴覚遺産の日 2018
10/01
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議
09/15
Restoration Asia(レストレーション・アジア)
08/25
第13回映画の復元と保存に関するワークショップ

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

「はてな」のサービスを利用して関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを作成しています。
こちらをご覧ください。