2017.08.30.(水)

「光影流年―アジアの映画保存」に第7〜9回を追加

「光影流年―アジアの映画保存」では、アジアの映画保存事情をお伝えしています。今回は月刊メールマガジン『メルマガFPS』に連載中の「光影流年―中国映画保存報告」より、第7回から第9回までを公開しました。
2014年の秋から冬にかけて中国メディアが報道した以下3件のニュースの中で、第8回と第9回はいずれもプライベートコレクションに基づいた映画博物館の誕生を伝える内容です。3年前の記事のため、新しい情報も加えました。ぜひご一読ください。

第9回 山西省で放送上映機材を展示
第8回 崔永元のプライベートコレクションが展示館に
第7回 大渡口地区映画館が完成 数万本の映画は無料リクエスト

なお、2017年の年末までに第10〜12回を追加の予定です。

>> 光影流年―アジアの映画保存

Language: English

小中大

twitter

facebook

flickr

今後のイベント情報

11/11
動的映像アーキビスト協会(AMIA)会議
10/27
ユネスコ世界視聴覚遺産の日 2020
10/26
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)会議
10/17
第18回ホームムービーの日
10/14
ICOM-AVICOM 映像祭 F@IMP 2.0 サント=メール=エグリーズ2020
06/30
全国映画資料アーカイブサミット2020
06/08
東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ連合(SEAPAVAA)会議

映画保存の最新動向やコラムなど情報満載で
お届けする月刊のメールマガジンです。

メールアドレス 登録はこちらから

関東圏を中心に無声映画上映カレンダーを時々更新しています。
こちらをご覧ください。